SUS

藤本怜央

MWCC2017

2017/09/05 08:26:10
MWCC2017
MWCC2017
こんにちは

先日、三菱電機 WORLD CHALLENGE CUP 2017に出場してきました。
結果は4チーム中3位。
オーストラリア・イギリス・トルコと言った強豪国の中で成績を残せた事は非常に大きな収穫でした。

また今大会は、国内初の有料席を設置した大会となりましたが、多くの観客の皆様にお越し頂き、熱い声援を連日頂きました。
このスポーツへの期待が僕達にも伝わり、2020年に向けての後押しとなる大会となりました。

大会優勝を目標としたチームではありましたが、今出来る戦いに全力で向き合えたと思います。
自分自身も、初のベンチスタートでコンディション作りが難しい事も感じましたが、少しでもチームに貢献できた事は、良い勉強になりました。

次は来月に世界選手権予選があります。
まずは代表に選出される事。そして予選を1位通過する事を目標に頑張ります。

応援ありがとうございました。


コメント

該当 1件

世界戦、お疲れ様でした!

NO:10000096 NAME:大導寺翔 UPDATE:2017/09/09 10:08
世界戦、お疲れ様でした!
世界の強豪国を相手に、結果を残せたことは、本当に素晴らしいことだと思います。
しかも、どの試合も接戦で、世界との距離がぐんと近づいていることを
証明していました。

私は最終日のトルコ戦を観戦致しました。
序盤は、相手との体格差・身長差からオフェンスのセットプレイで苦戦を強いられ、
速攻主体で攻めるも相手の戻りも早く中々、得点に繋がらない時間がありました。

そんな状況を打破したのが、藤本選手の活躍でした。
ゴール前の混戦状態の中、相手のブロックに対してぶれない体幹から
放たれたシュートで1クォーター、1人で12得点を挙げられ、
試合の流れをもぎ取っていかれました。
リードされた得点を、同点に追いつくまでの様を見ていて、海南戦の流川かと
思うほど、かっこよかったです。

その後の試合の流れも、速い展開のオフェンスが機能し出して、
相手を圧倒されていました。

特に、鳥海選手の俊敏なチェアワークで相手を翻弄し、土子選手へボールが渡り
テクニカルでカウントワンスローされたプレーは、思わず拳を握りガッツポーズをしてしまいました。

他にも、古澤選手のアシストや秋田選手のポストプレイなど、若い選手の
良いプレーがみれました。

また、今回初めてアリーナ席で観ましたが、とても良かったです。
普段では見れない、ベンチでの監督との会話や、チームの雰囲気が
伝わってきました。
今後、増えていったら良いのになと思います。


次は、10月の世界選手権予選。更なる活躍を期待しています。
アルミを進化させるSUS
  アルミを進化させるSUS

Copyright (C) SUS Corporation. All Rights Reserved