SUS

藤本怜央

帰国と日本選手権優勝!!

2016/05/07
みなさんこんにちは。

ドイツのシーズンが無事に終了し、日本には4月の末に帰国しました。
ドイツ最後の大会、ユーロリーグは全勝で予選を通過したものの、決勝戦でドイツリーグチャンピオンと対戦し、
負けてしまい今シーズンは準優勝で終えました。
今年の振り返りとしては、パライヤーのこのシーズンを無駄にしないということ。ここが一番のテーマでした。
昨年10月のリオ予選で出場権を獲得し、その数日後に海を渡りドイツに向かったのですが、
本当のスタートを感じながらドイツに渡ったおかげで、今シーズンは昨シーズンよりも大きく成長できたと思っています。
また、予選での多くの声援が継続され、遠いドイツまでも多くの応援の声が届いていたことで、
アスリートとしての責任も成長し、常に明確な目標に向かうことが出来た半年間だったと感じています。

チームとしても昨シーズンよりも上の成績で終えることができたことが充実したシーズンだったことを感じさせてくれました。
これでドイツのメンバーとは解散になり、来シーズンはもしかしたら敵になる選手もいるかもしれません。
しかし今回ともに戦ったチームメイトはこの先ずっと友人であり、
さらにはリオパラリンピックで再会する約束をして帰国してきました。
世界に挑戦させてもらったからこそ、世界各国に友人が増え、多くの出会いに恵まれました。
このすべてが今シーズンの収穫ですね。

さて、帰国し1週間空いて『内閣総理大臣杯争奪第44回日本車椅子バスケットボール選手権大会』が東京で開催されました。
この大会には、日本の所属の宮城MAXとして出場しました。
現在7連覇中のこの国内最高峰の大会でもう一度優勝を目指すことがこの大会での目標でした。
今年はパライヤーということもあり、今までに無いくらい多くの観客にお越しいただきました。
シーズンの疲労や時差ボケなどコンディションとしてはイマイチでしたが、
宮城MAXのチームメートに支えられ、この大会8連覇を達成しました。
また個人賞では11年連続の得点王と自身3度目のMVPを頂き、チーム・個人ともに充実した大会になりました。
ここまでで本当にシーズンが終了です。

次はリオパラリンピックへの道が本格的に始まります。
いままでドイツそして日本で取り組んできた課題を1つでも多くクリアにし、武器に変えて戦う準備をする時期です。
ここからの更なる成長がパラリンピックでのメダル獲得に大きく関係してくることを常に信じながら準備をしていきたいと思います。

コメント

該当 1件

リオ&レオ

NO:10000044 NAME:555 UPDATE:2016/05/30 17:56
偉業としか言えない活躍!素晴らしすぎます。
追いかけられるプレッシャーに継続させるタフさ、まさに王者!
オリンピックを見る楽しみを与えていただき、感謝です。
すこし遠すぎて、、現地に行くことは難しいですが、心底応援してます。
くれぐれも体調には気をつけて、頑張ってください。
アルミを進化させるSUS
  アルミを進化させるSUS

Copyright (C) SUS Corporation. All Rights Reserved